faxのdm効果について検証します

faxdmは法人向けの集客ツールとして、インターネット全盛の時代においても抜群の効果を見せています。インターネット全盛と言いながら、積極的に使えているのは限られた人たちだけで、多くの人はいまだにアナログな営業手法を行っています。faxdmはこうした人たちへの訴求力が高く、確実に目を通してもらうことができます。目を通してもらうことができれば、あとは、その中に書かれてある内容の勝負となります。また、費用面でも他の集客ツールに比べて安価であることも魅力の1つです。faxdmの効果が高い理由、高めていくにはどうすればいいのか、始めるにあたって準備すべきものなど、こうしたことを知っておくことで営業力の強化、新規開拓などに力を入れていくことができるようになります。

インターネットだけでは限界の理由

インターネット全盛の時代、ネット広告なども以前と比べかなり増えていますが、限界も出てきました。これは宣伝文句が同じ業種で似てきてしまうというものです。いくら広告のセンスなどで抜きんでてもライバルがそれを真似て、結局は価格競争になってしまえば意味がありません。また、実際にどれくらいの反応があるのか、費用対効果がつかみにくいのも特徴です。faxdmであれば、費用対効果が明確にわかります。事前に設定した企業数、実際に問い合わせがあった企業数から反応率を判断することができます。faxdmの場合、1%から3%が平均であると言われていますが、問い合わせがある場合には営業がしやすく、営業のスキルさえ磨いておけば高い確率で契約をとることができ、飛び込み営業などをしなくて済むようになるのが最大のメリットです。

多くの人が食いつくfaxdmの内容

中小企業の経営者がfaxdmで反応するケースとして、売上、資金繰り、人材育成、営業ツールなどの情報が書かれたものが挙げられます。これらのことは経営者側の悩みとして多くの人が抱えているものであることから、この悩みを一緒に解決しましょうという形でfaxdmを送ることがさらに反応を高めさせることになります。内容が押し売りのようなものになってしまうと、経営者としてもうっとうしさを感じてしまい、反応も悪くなってしまいます。失敗しないためにはリストの選定、原稿の作成、お得な情報、これらが重要となります。お得な情報に関しては、継続して利用してくれるお客さんを多く確保するためには、短期的に損であってもある程度の大盤振る舞いは覚悟するという姿勢が必要です。努力や工夫を重ねることで反応率の高いfaxdm、そして、多くの顧客をゲットすることができます。

365日24時間、専門のスタッフがご質問にお答えします。 ターゲットの設定から、原稿のアドバイスまでネクスウェイにお任せください。 ネクスウェイは初期費用や月額費用が発生しません! ネクスウェイは、一斉に15万件のfax送信が可能です。 今までfaxdmでは思うような効果が得られなかった方も、ネクスウェイにお問い合わせください。 FAXによるDMの効果が知りたい方は!