faxでdmの効果を確実に上げる方法について説明します

何らかの通信手段を用いて相手に直接、商品やサービスを売り込むことはダイレクトマーケティングと呼ばれ通信手段が登場するたびに、発展してきました。もっとも古いサービスとしては郵便事業を利用した郵便によるダイレクトメールですが、現在ではファックスやインターネットの電子メールを使ったダイレクトメールも盛んに行われています。その中でも郵送と電子メールの中間に存在するのがファックスを用いたfaxdmです。faxdmのメリットは郵送よりも安価で、電子メールよりも開封率が良いといったことが挙げられます。ただほかのダイレクトメールと同様に送付先の相手を選別することが必要です。またファックスを使用している人は限られているため、送付先の相手を選別することでより高いレスポンスを期待することができます。

faxdmとはなにか。他のdmとの違いは

faxdmは、ファックスを用いたダイレクトメールのことです。ダイレクトメールは何らかの通信手段を使って企業などが商品やサービスなどを宣伝広告したいものを顧客または顧客となりそうな個人や法人に対して、直接宣伝広告を行うというものです。最初のダイレクトメールは、郵便を利用したもので現在でも広く使われています。電話でのセールスなどもダイレクトメールと似たようなものですが、電話での営業活動であるためダイレクトメールとは区別されますが、一方でファックスが登場すると文章や図を送ることが可能になり、ファックスによるfaxdmが登場します。その後、インターネットが登場し電子メールによるダイレクトメールが登場し、現在では、郵送、ファックス、電子メールの3つのダイレクトメールが存在しています。

faxdmで効果がある方法とは

faxdmのメリットは郵送と比べるとコストが安く、電子メールと比べるとレスポンスが良く効果が高いといったことが挙げられます。ただどのダイレクトメールでもそうですが、利用するさいにはその宣伝広告方法が宣伝広告したいサービスや商品に適したものであるかを理解しておく必要があります。faxdmの場合には、送信時の料金は低いものの送られたデータは受信者の負担で印刷を行うことになります。このため無作為に送信してもクレームが来るだけで効果が上がりにくいものです。一方でその情報を欲している相手に対しては、紙面で情報を伝えることができるので高いレスポンス率を得ることができます。このため利用するためには送信先の相手に対して効果のある相手を選び出していくことが重要です。